忍者ブログ
~カービングの軌跡~
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やはり1日かかったクリーニング
ボード・ブーツともに、メチャメチャ汚れがこびり付き、シンナー等の薄め液を使わないと汚れが落ちない状態

特に、ボードのデッキ部分とブーツのザラザラした面などの汚れを落とすに苦労した。。。

そして次にボードのソールクリーニング!!

まずは真鋳ブラシを使ってボードのトップからテールに掛けブラッシング!!

ソール自体も相当汚れていることもあり、念入りにブラッシング
そのあとは、ナイロン馬毛ブラシの順に汚れを擦り落とす

ブラッシングが終われば、次にHOTワックスを掛けさらに汚れを浮き出させる!!
我輩の場合は、中途半端に残った柔らかめのWAXを使う

アイロンを掛けながらソールと反対側のデッキ部分に手を当て、熱さをチェックしつつワクシング!!

人それぞれワクシング方法はまちまちだが、我輩の場合はボードトップからテールにかけ、一定のスピードを保ちいっきに掛ける!!

この作業を3~4回行い、デッキ側表面の温度を手のひらで確認
そうすると、ノーズとテール側部分は程よく温かくなっているのが確認できるはず!!

そして、ボードセンター部あたりは、ボード自体の厚みもあるためデッキ表面部まで温かくならないが、目安としてノーズ&テール部の温まり具合をチェックしてれば間違いないだろう・・・

但し、注意しなくてはいけないのはエッジ側!!
エッジ自体が鉄製で出来ているので、熱伝導率が非常に高い!!

従って、エッジ自体に熱が入りすぎちゃうとエッジ側のソールが焼き付いちゃう事もあるので要注意!!
(・・・・ま、誰でも知ってることかもね・・・・笑)

4回ほどWAXを掛けては落とし、ソールのクリーニングは完了~!!

この作業に要した時間は、約半日

非常に大変な作業ではあるが、1シーズンともに戦ってくれた相棒に対する敬意を表する意味であればたいした作業ではないはず

ほんと1シーズンご苦労様でした!



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/03 Wvshtjed]
[12/03 Olkpocsm]
[05/24 水清ければ]
[04/21 神]
[08/19 大野 武]
プロフィール
HN:
ジィー
HP:
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
サーフィン&ボード
自己紹介:
夏はFree Surfing 冬はAlpin Snowborad Raceに参戦しているAge43のアラフォーMen!

雪山のホームゲレンデはエコバレースキー場で、シーズン中はサンライズゲレンデを基点に週末フリーゲート練習を開催しております!!


バーコード
カウンター
お天気情報
忍者ブログ [PR]